「記念式典&市民感謝デー」

2017.10.14 Saturday

0

    今日は朝8時から鮮魚市場内に設置された「海の恵の碑」において市場関係者が集まり

     

    「第4回海の恵の碑感謝祭」が執り行われました。m(__)m


     

    これは年一回福岡鮮魚市場協会が主催して行われるものですが、団体や宗教等には関係なく海からの恵みに対して

     

    それに携わる者として純粋に感謝しようというもので、式典後は関係者で鯛の放流を行いました。

     

    そしてそのあと9時からは毎月恒例の市民感謝デーが開催されました。(^_^)/

     

     

    続きを読む >>

    「スーパー豆アジ」

    2017.10.13 Friday

    0

      昨日貿易部のF次長から「豆アジを持っている人を知りませんか?どこを当たっても見つからないんです(T_T)」

       

      との問い合わせです。(p_-)

       

      こういう時こそ普段はあまり頼られる事のない「古狸」の人脈をフル使って

       

      意地でもお役に立つしかありません。(^_^)/オヤジパワーミセルゾ!

       

      それで心当たりのある高知県の干物メーカーK専務へ連絡を入れてみると、私の「元気ですか?」との問いかけに対し


      いきなり「何でバレたん・・・?」との事(p_-)

       

      続けて「いやあ、福岡にいるのをどこで聞いたんですか!?」と自ら福岡にいる事をカミングアウトです!(^o^)丿バレタ

       

      それで調子に乗った私も「そんな気がしたんですよね〜!」と話を合わせてヘンテコリンな会話となりましたが

       

      別件で福岡に用事があったのでさきほど来られたばかりとの事でした。(p_-)


      それで早速「豆アジを持っていますか?」と聞いてみると「そりゃーウチの年間商在じゃき持っとるぜよ!」と心強い返事を頂き


      「すぐに送らせるき」と今日の午前中にはサンプルが到着という超特急で送って頂きました。m(__)m

       


      ひと口に「豆アジ」と言っても全然サイズの大きい「名ばかり豆アジ」も多く

       

      認識の違いによる食い違いが発生しやすい商材です。(p_-)

       

      「北海道のブリ(p_-)」

      2017.10.11 Wednesday

      0

        もともと東シナ海から日本海中北部まで棲息していた出世魚の「ブリ」が

         

        遠く北海道の太平洋側でも漁獲されるようになっています。


        今日もらった情報ではかなり身質も良いようで

         

        これまで九州産をメインに売ってきた我々にとっても侮れない存在となっています。(p_-)

         

         

         

        送ってきたブリを捌いた写真を見てもらってもわかるとおり、この時期九州近海のブリはまだ脂のりが弱く「赤身」なのに対して


        こちらブリは更に良く見ると今の時期にもかかわらず身の中まで脂が刺していて

         

        九州産でいうと年明けごろの最も脂の乗る時期の魚と比較しても全く遜色有りません。(p_-)

         

        「新燃岳の噴火・・・ガクブル(((;゚д゚)))ガクブル」

        2017.10.11 Wednesday

        0

          霧島連山にある新燃岳で今朝噴火がありました。(-_-;)

           

          前回6年前に起こった時と比べると規模は大きくありませんが

           

          今後も火山活動が続くようであればその中には規模の大きなものも発生するかもしれません。


          思い起こせば前回の新燃岳噴火のすぐあとにあの東日本大震災を引き起こした巨大地震が発生しており

           

          関連性はわからないものの何も影響や感染性が全く無かったとも言い切れないのも事実です。(-_-;)

           

           

          「1年ぶりの勝負!(^_^)/(後編)」

          2017.10.10 Tuesday

          0



            1枚釣るのにも苦労する石鯛釣りで、やっと訪れたチャンスを続けて2度もヘマをしてしまった私でしたが


            なかなか行けない釣りにせっかく来ているのだからと気を取り直して釣りを再開しましたが

             

            15分ほどで良い潮は消えてしまいまた最初の池のような状態に戻ってしまいました。(T_T)エーン

             

            それでも何度も仕掛けを打ち返しますが魚からの反応はコトリともせず

             

            同礁の会長も「餌取りもおらんバイ!」とヘソ天を決めてイビキをかき始めました。


            かく言う私はというとお昼過ぎから始まる予定の下げ潮でもきっとまたチャンスがあると思い

             

            餌をセーブしながら打ち返しを続けておりましたが、下げ潮が走り始めると最初は沖を通していましたが

             

            12時過ぎからは足元に近寄って来て鏡のように湧き上がって来るようになりました。(^_^)/

             

            すると「モゾモゾ」とした当たりからゆっくり「ギュー」っと竿先抑える当たりが出たので竿で利いてみると

             

            何だか既に魚が掛かっている感じです。(p_-)

             

            それで急いで仕掛けを巻き上げてみるとそこそこの引きを見せながら五島灘名物ピンクの

             

            「ポッポ(イラ)」ちゃんのご登場となりました。

             


            しかし、この魚が釣れるという事は状況が上向いているという証拠なので

             

            早くなった潮にオモリの調節をしながら次の当たりを期待します。

             

            そして「納竿の14時ギリギリまで粘るぞ!」と思っていた矢先

             

            「ギュギュ、ギュー」っと石物特有の当たりを捉える事が出来ました!

             

            「これを逃したら帰られん!」と慎重に魚の引きに合わせて竿を送って行くと

             

            一旦止まったあと「ギューン」と一気に竿を引っぱり込む

             

            大当たりとなって魚との綱引き状態になりました。(@_@;)

             

            「オリャー!」と気合いを入れながら合わせをたたき込むと、ギュンギュンと強烈に真下に突っ込む本命の引きです。(^_^)/

             

            そして慎重にやり取りしながら上がって来たのは朝バラシたのよりもちょっと大きい良型の石垣鯛だったのです!(@_@;)

             

            ブリ上げた拍子に弾みで針が外れる事もあるので針掛かりを確認すると

             

            「ジゴク」と呼ばれるカンヌキ部分にガッチリと掛かっているので心配は無いようです

             

            それで一気にブリ上げる事に成功し「やったー!刺身だー!」と恥ずかしげもなく雄叫びを上げたのでした!(-_-;)

             

             ( 'ω')/ウオオオオオアアアーーーーッ!!!

             

             

            続きを読む >>