スポンサーサイト

2020.01.21 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    「魚のネーミング」

    2020.01.14 Tuesday

    0

      かなり前にも書いたのですが魚の地方名には「もっとマシな名前つけられないの?」と思うような魚の名前があります。(p_-)

       

      例えば地元福岡ではアイナメの事を「イタチ」、クロソイの事を「カラス」、メダイの事を「ダルマ」など。

       

      他にもイシダイは「チシャ」、カンパチは「ネリ」など首をかしげるものもあります。(p_-)

       

      また同じ魚なのに全国でたくさんの呼び名があるものもあり、その代表格が「エボダイ」です。(p_-)

       

      小型の魚で煮付けや干物にされて来ましたが最近はめっきり漁獲量が減ってしまい、大き目の魚(150g以上)は

       

      ほとんど見なくなりました。(´・ω・)

       

      このエボダイですが特に産地でもある九州で色々な呼び名があります。(p_-)

       

      福岡では「シズ」、熊本では「モチウオ」、大分では「アメタ」、また関西では「ウオゼ」などとも呼ばれます。

       

      さて、前置きが長くなりましたが魚のネーミングで気になる記事が業界紙に載っていたのでご紹介します。

       

       

      「迷いガツオ」なる新しい名前が目に付いたのですが

       

      記事にもあるように本来カツオは春には南太平洋の温かい海にいるのですが


      季節が進むにつれて黒潮に乗って鹿児島県、高知県、和歌山県沖の太平洋を北上し、秋には今度は宮城県沖を下って南下する

       

      「戻りガツオ」となるのです。

       

      ところが近年春に北上する群れの一部が対馬暖流に乗って東シナ海から日本海側へ入り込むようになりました。(p_-)

       

      これらの群れが本来の太平洋ではなくて日本海を北上し、秋には同じ日本海を南下するようになり


      このカツオが「迷いガツオ」と呼ばれるようになったようです。

       

      ではなぜカツオが日本海に入って来るようになったかというと、海水温の上昇などの気候変動もあると思いますが


      一番の要因は黒潮と対馬暖流が分岐する鹿児島県沖に多数設置された大型の人工漁礁(通称パヤオ)の存在なのです。(p_-)

       

      海上に設置されたパヤオは数十基にものぼり、周辺では群れで行動する小型の回遊魚が多く付き

       

      それを捕食する大型の回遊魚が集まって一大漁場を形成するのです。

       

      その結果、ピンポイントで漁業が出来るので効率の良い漁場となるのです。

       

       

      カツオも例にもれずこのパヤオに一時的に集まり周辺を回遊するのですが、本来素通りする海域で立ち止まってしまうため

       

      水温を感知しながら北上する群れの一部の感覚が変わってしまい

       

      温かい対馬暖流に引っ張り込まれて日本海側へ入って来ているという事だと推測されます。(・ω・)ノ

       

      日本海を北上し北海道沖で餌をたくさん食べたカツオが、今度は水温の低い日本海を戻って来る時には太平洋の魚より

       

      脂がのって格別の身質になるという事です。

       

      さて、またまた前置きが長くなってしまいましたが(-_-;)

       

      この「迷いガツオ」というネーミングはこれまでの話の通り魚のイメージが良くないと思いませんか?

       

      何だか偶然に発生した魚のようなイメージを感じるのですが、これは今後も続く立派な「ブランド」になる魚だと思います。

       

      よって私は「日本海戻りガツオ(通称日本海戻り)」という名前を提案します!(^_^)/

       

      日本海戻りガツオは私も食べた事がありますが、現在は太平洋側のように一本釣りが無く巻き網しかないため

       

      カツオの体表には細かなスレはあるものの

       

      皮目と身には脂がしっかりと入っていて腹の部分などは正に「大トロ」( ̄ρ ̄)ジュル・・・


      中には脂がのりきっているため血合いにまで脂が刺している魚もいました。

       

      当然値段も高くて太平洋側の戻りガツオと比べても約5倍!(@_@)ゴバイ・・・

       

      ここまで評価の高い美味しい魚を「迷い」とは言いたくありませんよね!(^_^)/

      スポンサーサイト

      2020.01.21 Tuesday

      0