「シラス漁の出漁風景」

2018.09.11 Tuesday

0

    当ブログメンバーの静岡のマグロメーカーW君から、先週土曜日の朝に秋漁のシラス漁で駿河湾に出漁する船の動画が届きました!(^_^)/



    映像ではわかり辛いですが、14秒の短い動画の中で実に18隻のシラス船がフルスロットルで左方向へ向かっています。(p_-)

     

    これらの船は静岡市駿河区にある用宗(もちむね)港から出航してフルスロットルで東へ向かい

     

    シラスの漁場になっている清水区の久能海岸沖で漁を行います。(p_-)

     

     

    私も学生時代にはこの光景を良く見ていましたが

     

    大声を出すと聞こえそうなくらい陸から近いところを2隻が1組になって浜と平行にゆっくりと網を引いて行きます。(p_-)

     

    当時シラスは浜茹でされた釜揚げ(太白「たいはく」)や干しチリメンが主体でしたが

     

    今では生食用で値段の張る生シラスでの流通が盛んになっているので

     

    多くの漁師さんが漁獲後は鮮度が落ちないように急いで港に戻ります。(p_-)


    用宗港では船が次々に帰って来るのを仲卸さんや加工屋さんが待っていて

     

    樽に入ったシラスが水揚になるとシラスの鮮度やサイズを見ながら生食用、加工用と見分けながらセリに掛けられます。

     

    シラス漁はここ2年全国的に不漁が続いていて値段も高い状態が続いるので

     

    漁師さん達もこの秋漁には気合が入っていると思います。


    普段はわかりにくい画像や動画は不採用なのですが、今回は掲載を意識して容量を小さくまとめて送ってくれたW君の努力と


    学生時代の懐かしさもあって採用の運びとなりました。(^_^)/オー

    スポンサーサイト

    2018.09.13 Thursday

    0