「魚の不思議・・・(p_-)」

2018.05.29 Tuesday

0

    私は魚釣りが大好きですが、とある釣り好きな外食の方から「船からですが大物真鯛を釣り上げました!」との連絡が入りました。

     

    この方は釣りを始めてまだ日が浅いのですが、大物を釣った事でかなり興奮をしている感じです。(p_-)

     

    「おー!凄いですね!それは良かったですね!」と伝えると、「ところが全然納得がいかないのです!(-_-;)」

     

    と全く相反する返事が返って来たのです・・・(?_?)


    それで詳しく話を聴いてみると「せっかくの大物を釣ったのに、食べてみたら全然美味しくないんですよ!」

     

    とかなりショックを受けた感じです。


    私はすぐに「その真鯛は何キロありましたか?」と聞いてみると「9キロはある大物なんです!」とのお話でした。

     

    真鯛としては確かに大物ですが「それでは美味しくないかもしれませんね」と冷静に答えると「ええっー!どうしてですか?」と

     

    これまた納得が行かないといった感じです。

     

    そこで「魚には大きくなると味が落ちる魚と、逆に味が上がる魚がいるのをご存知ですか?」と聞いてみると

     

    一瞬沈黙があったあと「ええっー!そんな事があるんですか!?(@_@;)」とかなり驚かれた様子です。

     

    「魚には大きくなると身の繊維質が強くなったり、骨が硬くなったり、脂が抜けたりするものがあって、鯛の仲間はそれに当たるんですよ」


    と答えると「確かにお刺身にしたら大味で身の味も薄く、舌に乗らずにパサパサとした感じでした!」と

     

    口の肥えた方が言われる確かな表現です。(p_-)

     

    「特にこの時期の真鯛は産卵後なので、年間でも一番味の落ちる時期なんですよ」と伝えると

     

    「あー!そうなんですね!・・・それで納得しました!(^_^)/」と腑に落ちなかった事がやっと解決したようです。

     

     

    釣人としては滅多に釣れない大物を釣った事は素晴らしい事ですし、たいそう喜ばれたと思いますが


    それを食べるとなると残念ながら別問題となる事があるのです。(p_-)

     

    ちなみに大きくなると一般的に味が落ちると言われる魚は今回の鯛類

    (真鯛、黒鯛、石鯛(T_T)等)やアジ類(真アジ、シマアジ等)


    ハモやアナゴも身の味というよりは大きくなって骨が強くなり、口に当たるようになるので評価が下がる魚もあります。

     

    逆に大きくなると味(評価)が上がる魚としては、産卵時期や脂が乗る時期との関係もあるので一概には言えませんが

     

    マグロ、ブリ、クエ、サバ、トラフグ等が有ります。(p_-)

     

    しかし大物である事には変わりないので「凄い魚を釣られたんですよ!釣った自分を褒めて下さいね!」と言うと

     

    「ありがとうございます!」と心から喜んで頂く事が出来ました!(^_^)/オメデトー

    スポンサーサイト

    2018.06.18 Monday

    0