「大自然の島へ(*^^)v」

2018.04.13 Friday

0

    今回の出張では南北に長い島を1泊2日で縦断する予定を組みました。

     

    川内港から高速船で40分の里(さと)では地元生産者団体の方が作られているこんな商品を見る事が出来ました。

     

    素晴らしい鮮度です!(^_^)/

     

    キビナゴはこの島の代表的な水産物となっており、年間水揚げ量が約500トン(@_@;)と

     

    全国の水揚げの約20%をしめるほどで、その多くは地元鹿児島の市場に行っています。(p_-)

     

    さて、この島は大きく分けると上中下の3つの島に分かれますが、上と中は今は橋でつながってるので車で行き来できますが


    下の島に行くには島と島の間が約1km位離れているうえに、潮流がメチャクチャ早いので橋の建設が遅れていて現在建築中です。
    (橋の件は次回詳しくご紹介しますね。)


    よって現在下の島に行くには船で行く事になります。(p_-)

     



    里港を12時50分に出たフェリーは寄港地の鹿島港を経て、終点?の長浜港には14時20分に到着します。(p_-)

     

     

    長浜港ではこれからがシーズンに入る名物の「ヒゲナガエビ(タカエビ)」の勉強をさせて頂きました。m(__)m

     


    そして下の島のシンボルと言えばこちらの岩も有名ですね。(^_^)/

     

    (@_@;)

     

    この岩は正式名はチュウ瀬と言いますが、有名な呼び名は「ナポレオン岩」と呼ばれ

     

    フランスの皇帝ナポレオンの横顔に似ている事からその名前が付きました。(p_-)

     

    こちらはちょうど長浜港から山を登って反対側の西岸にある「瀬々浦(せせのうら)」に行くと見る事が出来ます。

    瀬々浦の街並みです。

     

    33年前とほとんど変わらない大自然が残るこの島での勉強は明日も続くのでした。(^_^)/

    スポンサーサイト

    2018.09.13 Thursday

    0