「感動の1曲と引退」

2018.02.27 Tuesday

0

    世界中の人々に夢と感動を与えてくれた平昌オリンピックでしたが

     

    活躍した多くの海外選手の中でカナダフィギアスケートのパトリック・チャン選手は団体では金メダルを獲得しましたが

     

    個人では9位とふるいませんでした。

     

    しかし、その感情のこもった滑りと気迫、哀愁のある演技は人々の心を引きつけて感動ものでした。(T_T)

     

    そしてそのフリーの演技で使用した曲がアメリカのジェフ・バックリィという歌手が唄った「ハレルヤ」。

     

    調べてみると「ハレルヤ」自体はこれまで何人もの人が歌っているようですが、その意味はヘブライ語由来の言葉で

     

    「神をほめたたえよ」という宗教的な意味合いのある言葉だそうです。(p_-)

     

    ジェフ・バックリィは1997年に30歳という若さで亡くなっていますが

     

    そのギターテクニックと切ない歌声には思わず聞き入ってしまいます。

     

    ジェフ・バックリィのハレルヤ⇒https://www.youtube.com/watch?v=y8AWFf7EAc4

     

     

    そして、滑り終わったパトリック・チャン選手の顔は実に晴れ晴れとしていて、まだ27歳という若さですが引退を発表。

     

    その後のエキシビションではカナダの女性スケーター、ケイトリン・オズモンド選手が同じ

     

    「ハレルヤ」を滑ってこれまでの感謝を表現し、パトリック・チャン選手の引退に花を添えました。(T_T)

     

    スケート界を引っ張ってきたあの滑らかで柔軟な滑りを見られなくなるのはとても残念ですが

     

    今後はカナダチームのコーチに就任するとの事なので

     

    その滑りを受け継いだ選手が出てくれる事を楽しみにしておきたいと思います。

     

    (^_^)/アリガトー

    スポンサーサイト

    2018.06.18 Monday

    0